謎水撃退

撃退は困難

謎水装置の業者は狡猾です。
住民が装置のことを知った時はすでに「導入のための布陣」が終わっています。役員や発言力の強い住民は取り込まれていて、あなた一人が反対しても撤回は難しいと考えてください。
ニセ科学と戦うことは、謂れのない中傷を受け、暴言や危害を加えられる可能性もあります。
それでも戦う強い信念を持った方は、当サイトが応援します。

首謀者は誰か?

分譲マンションには「管理会社方式」と「自主管理方式」があります。
管理会社が装置を勧めてきた場合、業者は経済原理で動いているので論破できる可能性があります。後述の「科学と法律」で問いただしてみましょう。
しかし「自主管理方式」の場合、役員が謎水業者に洗脳されている恐れがあります。そうなったら、もはや経済問題ではなく宗教戦争なので、理性的な話し合いは通用しません。
装置を買いたがっているのは誰なのかを優先的に確認してください。

スピードが命

謎水装置を撃退したいと思う方は、売り込みを受けたらできるだけ速やかに「これはニセ科学だ!」と大声を出してください。
「様子を見よう」と悠長に構えていると、ニセ科学は恐ろしい勢いでマンション住民を蝕みます。
もしマンションに導入されそうな気配があったら、たとえ仕事を休んでも翌日から説得に回った方が良いでしょう。

科学と法律

謎水装置を撃退するには「科学」と「法律」の2つの方法があります。
住民の年齢層が若くて科学的な話が通じるようでしたら、ぜひ「科学的な」説得を試みてください。当サイトから大学教員のコメントを辿れます。
また、質問状への記入を求めてみてください。業者が記入すれば「怪しい」証拠になるし、記入を拒んでも「なぜ拒むのか?」と反論材料になるかもしれません。

もう一つの撃退法に「法律」があります。
謎水装置の契約書は訴訟除けのレトリックが満載なので、一度取り付けられたら返金させる可能性はゼロです。
しかしそれは、契約書が○○○だという証拠にもなっています(あえて伏せ字) 。
法的な問題はネットに書きにくいので、必要な方は当サイトまでご連絡ください。

撃退ワード

  • この装置の中に、磁石以外では何が入っていますか?
  • この装置は人体に無害ということですが、御社のサイトに「植物が育った」「熱帯魚が育った」と記載があるので生物に影響があるということですよね?
  • この装置から出ている電波の電界強度の測定値はありますか?
  • この装置で作られる水和電子の測定値はありますか?